2017-08-20

RAW TRACKS


~SET LIST~

ターコイズマン
standing on mirage
No way,Yes way
shabby marble
月の真下
deeper haze

・・・・・

Calmdown主催イベント"Addiction Vol.05"にトップバッターで。
久しぶりに会えた先輩や、ようやく会えた初めましての方に演奏を聴いてもらえた。
お越し頂いた皆さん、出演バンド、主催のCalmdown、RAW TRACKSに感謝!

「月の真下」「deeper haze」をナオさんと。
練習時間こそ短かったけれど、まずまずの演奏だったと思う。
また次回ゆっくりと。サンキュー王子。

RIP TIDEのヴォーカルのイナバさんとゆっくり話せた。
尊敬するシンガーから見に余る言葉を貰えて感謝。
古いご縁をまた新しいものにリコネクト。楽しみ。

2017-08-13

l.a.f meets in music #14

~SET LIST~

ターコイズマン
shabby marble
what's going on?
ivory tail
waiting tomorrow
No way,Yes way
Big River

・・・・・
14回目のl.a.fは元バンドマンによる弾き語り。客席は久しぶりに会う神戸のバンドマン達だらけで賑やかに終演。
お越しいただいた皆さん、出演してくれたモナ、チャコちゃん、初の出張販売していただいた手作り焼き菓子店「aco's」さん、ブラシスのマービーさん&オギさんに感謝!!

初めて聴いてもらう人も居て、いつも来てくれる人も居て。
そんな人達を前にいつもと違うlee:noを見せたいなぁと臨んだステージ。
ギターが楽しくなってきたここ最近。まだまだ変わりたいなぁ。

2番手モナは同じ歳のギタリスト。
弾き語りこそキャリアは浅いけれど、持ち前の真っすぐさでドンドン形を作り始めてる。
情熱の色が自分と似ているように思える友達。また一緒にやろうぜ。

3番手チャコちゃんは一回り年下の丑年シンガー。
久しぶりに聴く独特の歌い方と伸びる声。ギターもうまい。なにより可愛らしい。
バンド時代を彷彿させる客席を巻き込むステージングは流石。ありがとね。

お盆休みラストの朝。
「音楽」のスイッチをようやく取り戻せたような気がしている。
明日からまた「仕事」への目線も上を目指していきたいなぁ。

2017-08-12

HOWLIN' BAR


~SET LIST~

deeper haze
standing on mirage
collage
lily
No way,Yes way
月の真下

・・・・・
1か月ぶりのライブ。灼熱の盆休み初日。閑古鳥のハウリンバーでした(笑)
聴いてくれた方(お一人)、出演者の皆さん、ハウリンバーのツルさんに感謝!

ガラガラの客席を前にトップで歌うという大役(笑)色々まだまだ修行が足りない。
巻き込んでいくパワー、惹き込んでいく魅力。もっともっと。

この日はモモ(知り合いの亡くなった飼い猫)の命日。「月の真下」を全力で。
届いたかなぁ。

             12日(土)三宮・Briothers and Sisters

             19日(土)天満橋・RAW TRACKS

             27日(日)心斎橋・FootRock&BEERS

2017-08-07

アイデア

預かり物の油彩画の額装で、ひょんな事から新しいアイデアが閃いた。
先入観とセオリー。それを超えるのに必要な知識と技術。
自画自賛だけど(笑)でもすごく喜んで貰えて嬉しい。グッジョブ俺。

タックス(キャンバスを張る釘)の位置が画面寄りだったり。
あまり上手とは言えない貼り方だったのだけれど、ライナーに入れたりゴチャゴチャしたありがちな油彩額にしたく無かった(ヨソ様すみません)。

田舎の風景に交り合うように。
ブナのべニアをキャンバスギリギリのサイズに開口して塗装。
タックスが隠れる位置で高さを調整してフレームとスペーサーもブナで。
見えない部分に手を入れまくった自分らしい仕事。

「どういう風にしようか」と考え続けるより、いったん手放すことで得ることもある。
離れて、見つめ直すこと。
アイデアは必ず違う場所から降りてくる。


2017-08-03

新体制準備あれこれ

ひとつ決心。それに伴いひとつ行動。それに伴いまた決心。の繰り返し。
今日は朝から銀行を3つ回って口座開設。
写真は残ってた口座の解約の為に引っ張り出した25年前の郵便局の通帳。
記念に一枚。なんと「郵政省」(笑)よく残ってたなぁ。

お金のことは妻に任せっきりで、銀行に行く機会がほぼほぼ無かったこの20年。
これからは色々苦手な「お金」の事も考えなくては。

田中額装の新しいスタート。それも自分らしくシンプルで良いのだと言い聞かせながら。
フレーム制作への自信は余る程あるけれど、色々とやりながら覚えていきたい。
少しづつ。丁寧に。イライラせずに穏やかにやりなよ、と言い聞かせてみる。


見積もりベースも3年ぶりに見直した。
3年前の消費増税の時は「従来通りの価格になるように」と心を配った実質の「値下げ」。
今回は「工房を継続していくため」の実質の「値上げ」となる。
8月1日以降の見積もり依頼で、既に1件のクレームにも似たメールもいただいた。
正直迷うけれど。
自分の技術と勘を信じるしかないのだ。
自分のフレームに惚れてくれる人でないと、自分の思う「仕事」では無いのだから。


離れていく人が居て、残る人が居て、新たに現れる人が居る。
音楽で培ったその流れを知る能力を仕事にもフィードバックさせたいな。
そして目に見えない親孝行を貫ければと。


クタクタ過ぎる毎日。
もうひと踏ん張りと毎朝思い、お笑い動画を毎晩見てる。
ミュージシャンとしてはダメな日々を無駄に送っているのかも知れない。


渡海さんに会いたい。