2017-09-18

Live bar N

~SET LIST~

No way,Yes way
what's going on?
lily
deeper haze
月の真下
・・・・・
下衆レコーズの4周年、bar Nの3周年の合同記念イベントに参戦。
台風18号の真っ只中、お越しいただいた皆さん、出演者の皆さん、主催の下衆ども、
bar Nのスタッフに心より感謝!

仕事を終えてからのバタバタ。到着した時はクタクタ。
出番までの良い音楽で徐々にスイッチオン(笑)

下衆のイベントは心地よい。
キチンと音楽を聴いてくれてる。
騒がしいヤツ達だけど、音楽に対して熱くマジメ。
自分もそうでありたい。

2017-09-11

AIR~acoustics into roots~vol.15


~SET LIST~

ターコイズマン
deeper haze
waiting tomorrow
collage
lily
No way,Yes way
月の真下

・・・・・・・

15回目のAIRは憧れの先輩と親友と共に。何かを産んだような気がする夜。
お越し頂いた皆さん、出演してくださった露天商※心詩さん、石井英之、
THIRD STONEの藤井さんに心より感謝!ありがとうございました!
 とにかく完全燃焼目標で臨んだ夜。お酒も控えめにしてベストを目指した(笑)
歌のモデルの方を目の前に、全力で歌った「No way,Yes way」。
一緒に歌って下さったのが本当に嬉しくて。忘れられない夜になった。



2番手は親友・石井英之。相変わらずギターも歌もうまい。そしてマッチョ(笑)
今の自分があるのはコイツの影響が大きい。音楽への向き合い方なんかは特に。
これから50歳まで一緒に「練習」。負けたくないヤツ。サンキュー。


ラストは露天商※心詩さん。漂漂とした口調が、歌いはじめた途端に変わる。
説得力。この一言。
初めて会った時の衝撃と同じような衝撃があった。ただただ圧倒的。
かすれたハイトーンの声。かき鳴らすギター。すべてが心詩さん。最高でした。

石井よ。また一緒に暴れようぜ。

2017-09-10

初秋雑記

2クール目の治療を終えた父が一時退院。
短い期間だけど自宅で過ごす元の「日常」が何よりの薬のように感じる。
明日月曜は再入院で3度目の抗がん剤が始まるけれど、本人も言うように「治る気がする」と家族みんなが思ってる。それほどに元気なのだ。

8月は価格改定、新規銀行口座開設。
9月からは運送会社変更に伴う価格設定。
その度に時間を取られて悩んだり迷ったり。
その中で再発見したり新たな自信が芽生えたり。
田中額装としての自分のスタイルも徐々に元通りに戻していこう。
「アーティスト目線で作るフレームを」
曲げずに怠けずに。もっと貫け俺。

子供達も姪甥たちもそれぞれ迷いながら生きている。
子供は子供なりに抗い、戦ってるのだ。
その手本になりたいなぁと思う初秋の朝。


今は音楽よりも仕事の方が大きな割合を占めてるけども。
音楽が無ければ仕事もここまで本気でやれないのだから。

バランス

今は神様が準備してくれた修行の日々。
感謝の気持ちを忘れずに。


2017-09-04

HOWLIN' BAR

~SET LIST~

what's going on?
deeper haze
shabby marble
No way,Yes way
waiting tomorrow
ivory tail

・・・・・
なんとも秋めいてきた涼しい風が吹く日曜日。ハピメロは賑やかに終演。
聴いてくれた皆さん、出演バンド達、主催のミキちゃん、HOWLING BARのツルさん&スタッフさん、薬屋のおばちゃんに心より感謝(超体調不良でした)!

「あ~。こんなだったっけなぁ」と感じる本番前の店内の空気。
ライブハウスのブッキングの時など、初顔合わせ同士の人見知り感。
合わせて自分も寝たふり(笑)店内のBLUESを聴きながら。

本番を終えて打ち解ける人も居れば、打ち解けない人も居るけれど。
「バンドマンっぽさ」は感じるメンツで、この先が楽しみ。
貫いていけよ、と勝手に応援。曲げるなよ、とも。

夜風が心地よい駅のホームで、この日初めの1杯。
「俺は俺らしく頑張ろう」と。


2017-09-03

T-true

 ~SET LIST~

deeper haze
standing on mirage
ターコイズマン
月の真下
No way,Yes way

・・・・・
久しぶりの高槻T-true。主催者不在のジュークジョイントは賑やかに終演。
メンツが楽しみ過ぎて気合十分(笑)お客さんは1人だけだったけど、刺激を沢山貰った良い夜になった。

Muicyからソロ出演のメグミちゃん。普段の明るい雰囲気とは真逆の世界感。
2度目の小川倫子ちゃん。声がとてもいい。朗らかな酒飲み(笑)
前田健太はバンド始めてから曲にビートが生まれてきて益々良くなった。
だいすけの「日常」の世界。彼の言葉が好き。恩師への歌がとても響いたなぁ。
福島克之とはすっかり仲良し(笑)やっぱりハープもギターもうまい。
川中本田の二人の変化みたいなものを感じた。変わっていこうとする姿勢に共感。

最後は酔っぱらってクレジットカードを紛失したり、なんとも締まらない自分。
お酒の量は今日から自制。もっとキチンとしなければ。。。

仕事を終えダッシュで向かった長女の文化祭でのステージ。
「間違えてしまった」と泣きじゃくる長女に貰い泣き。
努力を重ねて、沢山悩んで、真剣に向き合ったダンス。
振付どおりに踊れなかったのは「間違い」かもしれないけど、君たちが選んできた道筋に間違いなんてない。
バスケ時代と同じ気持ちでステージを見守り、感動し感涙し感謝してる。
自慢の長女。ありがとうね。

2017-08-31

9月ライブのお知らせ


02日(土)高槻・T-true

03日(日)塚本・HOWLIN' BAR

10日(日)堂山・THIRD STONE


17日(日)心斎橋・Live Bar N


22日(金)心斎橋・REED CAFE

23日(土)三宮・Brothers & Sisters

29日(金)富雄・ARENA

2017-08-28

FootRock&BEERS

~SET LIST~

deeper haze
shabby marble
waiting tomorrow
ash wind
standing on mirage
No way,Yes way

・・・・・
なんとなくいつもとは違う気合いが入る日曜日FootRock。この日も楽しかった。
聴いていただいた皆さん、出演者の皆さん、FootRockの愛すべきスタッフどもに感謝!

午前中は一時帰宅してる父と話しながら仕事。
バタバタと準備をして真夏なみの陽ざしを浴びながら心斎橋へ。
風はすっかり秋の雰囲気。木陰で休憩しながらビールを飲むと気持ちいい。

出演の松本誉臣、栗田裕希。この二人は自分にとっての道標のような人。
楽曲、ギター、歌声、そしてミュージシャンのオーラ。色々刺激を貰っている。
そんな二人にライブを褒めて貰えた。
「進化し続けている」との言葉が嬉しかった。

打ち上げで飲み過ぎ、帰り道でギターごと倒れてしまい現在右ひざ故障中。
お酒のコントロールは相変わらず。反省。

2017-08-26

K.Kough solo exhibition 2017

 Shelter -大切なものを守る-   鉛を素材としたインスタレーション作家で、音楽仲間でもあるケイコちゃんの個展を見に京都のArt Spot Korinへ。

姪の結婚相手お披露目パーティの後京都へ。酒のせいもあって乗り過ごし、乗り換え間違えまくり。
道にも迷って到着時には汗びっしょり。道を教えてくれた地元少女、サンキュー。
 12本のミサイル。核保有国の国旗、文化を表す文字がアクリルの筒に。
LEDで灯された華やかな美しさの先には、鋭く尖った鉛が冷酷に地上を向いている。
じっと眺めていると、LEDの光が核分裂のようにも感じ、美しさよりも恐怖を憶える。
吊ってるテグスが「切れたら落ちるよね」との同席の先輩の問い。
「その時はその時」との答え。

作品の細やかな部分に女性ならではの繊細さを感じつつ、こめられた思いにはアーティストとしての強いメッセージを感じた。

「Shelter」安全な場所は、つまるところ人の心にしか無いのかも。

 エントランスに立つ「L.O.V.E」の手旗信号。着いた時に見た感想とは全く違って見える。「LOVE&PEACE」なインスタレーション。9月3日まで。是非。

この人の切り口にも愛がいっぱい(笑)大師匠ヒヨゾーソウル(ケガ治療中)。

Brothers and Sisters



~SET LIST~

No way,Yes way
半月の恋歌
ターコイズマン
月の真下
standing on mirage

・・・・・
平日のブラシス。東京からツアーでお越しのブルーズマン「loach」さんの前座を。
お越し頂いた皆さん、loachさん、親友、ブラシスのマービーさん&オギさんに感謝。

仕事スイッチからの切り替えがなかなか大変。小さなミスも多かった。
トップで出るのには、この切り替えがもっと早く出来ないと。反省。
「思い切る」ということ。
中盤以後は出来かけてたかな。
まだまだ精進。

この日久々にライブ復帰してくれた親友の演奏は相変わらず素晴らしかった。
忙しい中を誘いに応えてくれてありがとな。

そしてこの日出会ったばかりのloachさんが持つ「ツアーミュージシャン独特の空気」。
独特の声と演奏能力の高さ、人柄、優しさ。また好きな人が増えた。ありがとう。


2017-08-21

残暑雑記

前日のお酒が抜けないまま迎えた日曜日。何も決まった予定の無い一日を神戸で。
お盆を過ぎて夏の終わりを感じる空。それでも残暑は厳しく、太陽は肌を刺すよう。

父の病室での暇つぶし用にDVDを物色。
レンタル落ちの中古ショップには掘り出し物もよくある。
ずっと探してた「邂逅」を見つけた。
1957年にリメイクされ、1994年にもリメイクされた「めぐり逢い」の原作。
両作品とも大好き。メグ・ライアンの「めぐり逢えたら」も見たくらい。
同時に買った「風と共に去りぬ」も一緒に父に手渡すと、嬉しそうに「見せてもらいます」と。
入院が「退屈」と思えてるくらい元気なのは有難いなぁと思う。

夜はずっと行きたかった「うけ月」という鶏料理屋さんへ。
Brothers and Sistersの近所にあって、ライブへ向かう道中いつも良い香りに惹かれてた店。
三宮の色んな共通の知り合いの話。鶏の部位についてなどなど楽しい時間。
これからはブラシスのライブ前に必ず寄ろう。

朝からビールとワイン。夜はビールと泡盛。連日飲酒量が酷い(
汗)
けどようやく「完全仕事モード」のダイヤルを緩めることも出来始めた。

仕事も音楽も大事。家族も友達も大事。根本は同じ場所にある。


2017-08-20

RAW TRACKS


~SET LIST~

ターコイズマン
standing on mirage
No way,Yes way
shabby marble
月の真下
deeper haze

・・・・・

Calmdown主催イベント"Addiction Vol.05"にトップバッターで。
久しぶりに会えた先輩や、ようやく会えた初めましての方に演奏を聴いてもらえた。
お越し頂いた皆さん、出演バンド、主催のCalmdown、RAW TRACKSに感謝!

「月の真下」「deeper haze」をナオさんと。
練習時間こそ短かったけれど、まずまずの演奏だったと思う。
また次回ゆっくりと。サンキュー王子。

RIP TIDEのヴォーカルのイナバさんとゆっくり話せた。
尊敬するシンガーから見に余る言葉を貰えて感謝。
古いご縁をまた新しいものにリコネクト。楽しみ。

2017-08-13

l.a.f meets in music #14

~SET LIST~

ターコイズマン
shabby marble
what's going on?
ivory tail
waiting tomorrow
No way,Yes way
Big River

・・・・・
14回目のl.a.fは元バンドマンによる弾き語り。客席は久しぶりに会う神戸のバンドマン達だらけで賑やかに終演。
お越しいただいた皆さん、出演してくれたモナ、チャコちゃん、初の出張販売していただいた手作り焼き菓子店「aco's」さん、ブラシスのマービーさん&オギさんに感謝!!

初めて聴いてもらう人も居て、いつも来てくれる人も居て。
そんな人達を前にいつもと違うlee:noを見せたいなぁと臨んだステージ。
ギターが楽しくなってきたここ最近。まだまだ変わりたいなぁ。

2番手モナは同じ歳のギタリスト。
弾き語りこそキャリアは浅いけれど、持ち前の真っすぐさでドンドン形を作り始めてる。
情熱の色が自分と似ているように思える友達。また一緒にやろうぜ。

3番手チャコちゃんは一回り年下の丑年シンガー。
久しぶりに聴く独特の歌い方と伸びる声。ギターもうまい。なにより可愛らしい。
バンド時代を彷彿させる客席を巻き込むステージングは流石。ありがとね。

お盆休みラストの朝。
「音楽」のスイッチをようやく取り戻せたような気がしている。
明日からまた「仕事」への目線も上を目指していきたいなぁ。

2017-08-12

HOWLIN' BAR


~SET LIST~

deeper haze
standing on mirage
collage
lily
No way,Yes way
月の真下

・・・・・
1か月ぶりのライブ。灼熱の盆休み初日。閑古鳥のハウリンバーでした(笑)
聴いてくれた方(お一人)、出演者の皆さん、ハウリンバーのツルさんに感謝!

ガラガラの客席を前にトップで歌うという大役(笑)色々まだまだ修行が足りない。
巻き込んでいくパワー、惹き込んでいく魅力。もっともっと。

この日はモモ(知り合いの亡くなった飼い猫)の命日。「月の真下」を全力で。
届いたかなぁ。

             12日(土)三宮・Briothers and Sisters

             19日(土)天満橋・RAW TRACKS

             27日(日)心斎橋・FootRock&BEERS

2017-08-07

アイデア

預かり物の油彩画の額装で、ひょんな事から新しいアイデアが閃いた。
先入観とセオリー。それを超えるのに必要な知識と技術。
自画自賛だけど(笑)でもすごく喜んで貰えて嬉しい。グッジョブ俺。

タックス(キャンバスを張る釘)の位置が画面寄りだったり。
あまり上手とは言えない貼り方だったのだけれど、ライナーに入れたりゴチャゴチャしたありがちな油彩額にしたく無かった(ヨソ様すみません)。

田舎の風景に交り合うように。
ブナのべニアをキャンバスギリギリのサイズに開口して塗装。
タックスが隠れる位置で高さを調整してフレームとスペーサーもブナで。
見えない部分に手を入れまくった自分らしい仕事。

「どういう風にしようか」と考え続けるより、いったん手放すことで得ることもある。
離れて、見つめ直すこと。
アイデアは必ず違う場所から降りてくる。


2017-08-03

新体制準備あれこれ

ひとつ決心。それに伴いひとつ行動。それに伴いまた決心。の繰り返し。
今日は朝から銀行を3つ回って口座開設。
写真は残ってた口座の解約の為に引っ張り出した25年前の郵便局の通帳。
記念に一枚。なんと「郵政省」(笑)よく残ってたなぁ。

お金のことは妻に任せっきりで、銀行に行く機会がほぼほぼ無かったこの20年。
これからは色々苦手な「お金」の事も考えなくては。

田中額装の新しいスタート。それも自分らしくシンプルで良いのだと言い聞かせながら。
フレーム制作への自信は余る程あるけれど、色々とやりながら覚えていきたい。
少しづつ。丁寧に。イライラせずに穏やかにやりなよ、と言い聞かせてみる。


見積もりベースも3年ぶりに見直した。
3年前の消費増税の時は「従来通りの価格になるように」と心を配った実質の「値下げ」。
今回は「工房を継続していくため」の実質の「値上げ」となる。
8月1日以降の見積もり依頼で、既に1件のクレームにも似たメールもいただいた。
正直迷うけれど。
自分の技術と勘を信じるしかないのだ。
自分のフレームに惚れてくれる人でないと、自分の思う「仕事」では無いのだから。


離れていく人が居て、残る人が居て、新たに現れる人が居る。
音楽で培ったその流れを知る能力を仕事にもフィードバックさせたいな。
そして目に見えない親孝行を貫ければと。


クタクタ過ぎる毎日。
もうひと踏ん張りと毎朝思い、お笑い動画を毎晩見てる。
ミュージシャンとしてはダメな日々を無駄に送っているのかも知れない。


渡海さんに会いたい。




2017-07-30

8月ライブのお知らせ


11日(金)塚本・HOWLIN' BAR

12日(土) 三宮・Brothers and Sisters

18日(土) 天満・RAW TRACKS

詳細はコチラで↓
http://j-45and.blogspot.jp/p/live.html

2017-07-27

三日月

残業帰り。空を見上げると細い月がシュッと浮かんでた。
    帰宅して即カメラを持って撮影。疲れでブレまくり。

    月のサイクルが人体に及ぼす影響。
    以前読んだ「ムーン・ヒーリング」とも似通った興味深いサイトを見つけた。

    「満ちていく月の3日目」。
    色んな事を整理しながら、まずは落ち着いて前へ。
    イライラをコントロール出来ないでいる自分への月のメッセージ。

    

2017-07-24

クフェア

アメリカ原産のミソハギ科一年草。

紫色の小さな花が欲しいなぁと思って花屋へ行った。
育てた事は無いけど、「暑さに強い」との表記を読んで購入。
暑さに弱い自分からすれば偉大な花だなぁと(笑)

妻の実家へ義母に会いに行き、兄夫婦ともノンビリ話せた。
テレビで大相撲をなんとなく眺めながらリラックス。

その帰り道で立ち寄った花屋。
少しの時間だけど久しぶりにウロウロ物色。

土を混ぜたり、雑草を曳いたり、枝をカットしたり。
草花に「与える」ことで「いただく」ことも沢山ある。
全てにおいてそうであるように。

そして穏やかさをもう一度。

2017-07-21

夏はじまり


梅雨明けとほぼ同時に蝉しぐれ。朝の空気にも夏らしさが満ちる。
土の匂いが混じる湿気を帯びた微風。打ち水の匂いも風情。

日中は殺人的な陽ざしと気温。工場内は40度を超える。
母も妹も汗まみれで作業。父も元気に働いている。

夕方を過ぎても気温はあまり下がらないけれど、夏らしい黄昏時の落ちきる前の夕陽が彩る空色が美しく、ひと時リラックス。

暑さのせいかイライラが募っている。
多忙なせいかイライラが募っている。
イライラしすぎて、凡ミスを犯す自分に更にイライラ。

今週末は久しぶりに花屋へいこう。
時間があればギャラリーも覗こう。
穏やかさを取り戻したいなぁと切望。


2017-07-19

一か月


父の肺にガンが見つかり、入院から今日で一か月が経った。
あっという間なような、凄く長かったような30日。
父不在の工場で仕事をまわす事にもようやく慣れた。

音楽が出来なくなるかもとか、売り上げが激減してしまうのではないかとか。
迎えてもない日々に対してただ「不安」を感じてた1か月前と今は何か変わった。
キャリア25年の自信にも、貫いてきた姿勢にも、間違いなく磨きはかかったように思う。

1クールの抗がん剤治療を終えて先週末に退院した父。
今は通院で放射線治療を受けながら、少し仕事も手伝ってくれている。
やはり工場に父の姿があるだけで心強い。なにより母が嬉しそう。良かったね。

考えないといけない事、向き合わないといけない事、踏ん張らないといけない事。
元からの目標を曲げない事、大事な事をやめない事、何にも諦めない事。
日々あれこれ考えながら生きている自分を客観視出来る余裕も生まれた。
今のペースで仕事をしながらでも徐々に元の自分に。
朝7時から夜9時までの労働が堪える年齢だけど(笑)

今夕、とある油絵作家さんが来訪されて、売れた作品に合わせるフレームの相談。
購入なさったお客さんも来られて、1時間超の打ち合わせ。
良い提案が出来て気に入っていただけて良かった。

その後、もう一方の油絵作家さんと電話で相談。
年配の有名な作家らしいが、横柄な口ぶりと失言にガッカリ。
自分の「へんこ」っぷりも最近磨きがかかったかも(笑)
まだまだですなぁ。


2017-07-17

HOWLIN' BAR

~SET LIST~

deeper haze
shabby marble
ターコイズマン
月の真下
No way,yes way

・・・・・・・

ミキちゃん主催のイベント「ハピメロ Vol.10」にお呼ばれ。
若いバンドに混じっての弾き語り。響いたようでまずまず満足。
お越し頂いた皆さん、出演者の皆さん、ハウリンバーのツルさん&スタッフ、主催のミキちゃんに心より感謝。お疲れ様でした!

久しぶりのハウリンバーは、変わらずミュージシャンの残り香に満ちた場所。
若者達にはあまりそこらへんは解らなかったようだけど。

ラスト2曲からはあえて力んで全開で吠えてみた。わかりやすく(笑)
お客の反応を気にしてるようではまだまだだなぁとも思う。
突き刺さるもの。沁みるもの。
それらは勢いでも無ければ音量でも無いと自覚。
次の課題はあからさまに見えている。行け。俺。

2017-07-13

Brothers and Sisters


~1st stage SET LIST~

No way,Yes way
collage
rainy day
ターコイズマン
月の真下

~2nd stage SET LIST~

deeper haze
shabby marble
先へ
waiting tomorrow
Big River
~E.C~ivory tail




ブラシスでノンビリとワンマン。急遽ワンマンになったのだけれど、やって良かった。
蒸し暑い夜にお越しいただいた皆さん、1曲だけなのにギター持参で参加してくれたモナ、ブラシスのマービーさん&オギさんに心より感謝!
久しぶりに来てくれた方や初めて来てくれる方、沢山のお客さんに聴いて貰えて嬉しい。

仕事の疲れがハンパじゃなく、手首の痛みも酷かったけれど。
ノンビリやろうと思ってたけど、来てくれたお客さんを前にすればいつもどおり全力。
帰り道の眠気は凄かった(笑)寝すぎ(笑)

来月はまたモナとブラシス。同じ歳の熱い男。
楽しみ^^







2017-07-09

mentor in life

新開地でサロンを経営する大好きな師匠に会いに行った。生憎の天候でギターは持たずに行ったけれど、師匠のギターを借りて少しの時間だったけど一緒に「音楽」が出来た。

数年前からお母さんの介護と仕事でバタバタな生活を続けられている。
一昨年は泥棒との格闘で左肘に大怪我を負われた。

そして先日はクモ膜下出血手前で入院されて、なんとか無事退院。今日はそのお見舞い。
忙しさにかまけてなかなか会いに行けて無かったけど(前回もお見舞いで行った)、変わらない優しい言葉と笑顔で迎えてくれる師匠。
阪神大震災で開業1周年のお店が被災し、それでもこうして再建して頑張ってる。
強さと優しさ。ワンセットで持ち合わせている人なのだ。

ご自身の病気の事よりも、私の体調や父の心配をしてくれる。
お見舞いに行ったはずなのに、こっちが癒されて帰ってきた。
仕事も親孝行も、そして音楽も。
また頑張ろうと思う。

師匠、ありがとうございました。

2017-07-03

RAW TRACKS

~SET LIST~

ターコイズマン
ash wind
waiting tomorrow
No way,Yes way
shabby marble
月の真下
deeper haze

・・・・・
Calmdown&RAW TRACKS合同企画。暑い一日だったけど、沢山の方に聴いてもらえた。
お越し頂いた皆さん、出演者の皆さん、RAW TRACKSスタッフ、主催のCalmdownに心より感謝!楽しかったです!

また3弦を切った。最近よくやるミス。換えたばかりなのに、、、
サドルチェックしてもらおうと思う。

演奏自体は気持ちを込めてやれた。やっぱりバンドに混じっての弾き語りはやりやすい。
初めましての方や久しぶりの方とも音で繋がれたようで嬉しい。

少し音楽を休もうかと思ってた。
仕事モードから切り替わらず、お客さんにも申しわけないし。
休日とは言え、仕事をしてないと気持ちが落ち着かない。
でもこの日は久しぶりに仕事を忘れ、音楽に集中できたように思う。
同時に「音楽があるから仕事も頑張れる」って思い直した。
暫くはこのままガムシャラに走るしかないな。
頑張れ俺。

2017-07-01

FootRock&BEERS

~SET LIST~

deeper haze
shabby marble
waiting tomorrow
no way,Yes way
Big River

・・・・・
FootRock&BEERSの「Pub Live上半期総集編」。2デイズの一日目に参加。
蒸し暑い真昼。聴いていただいた皆さん、出演者の皆さん、FootRockスタッフに感謝!

午前中は仕事。
金曜夜から一時帰宅した父と久しぶりに作業。
やはり疲れやすくなったようで心配。無理したらアカンよ。

12時ちょうどで仕事を終えて、12時半に家を出て、一時半にはお店にいる早業。
到着時はすでに汗だくだったけど、知り合いも多数出てて最後まで楽しい一日でした。

ここしばらく仕事モード全開過ぎたなぁ。早く慣れてバランス良くやっていかないと。
楽しみに足を運んでくださる人も居るのだから。頑張れ俺。



         02日(日)天満・RAW TRACKS

         12日(水)三宮・Brothers and Sisters

         16日(日)塚本・HOWLIN'BAR

         29日(土)天神橋・エピス食堂



2017-06-30

7月ライブのお知らせ





01日(土)心斎橋・FootRock&BEERS

02日(日)天満・RAW TRACKS

12日(水)三宮・Brothers and Sisters

16日(日)塚本・HOWLIN'BAR

29日(土)天神橋・エピス食堂

2017-06-26

AIR~acoustics into roots~vol.14

 ~SET LIST~

先へ
deeper haze
月の真下
standing on mirage
ash wind
No way,Yes way
waiting tomorrow
Big River

・・・・・
主催イベント「AIR」は大盛況で賑やかに終演。
雨の中お越し頂いた皆さん、出演者の皆さん、THIRD STONE藤井さんに心より感謝!

14回目の今回はコントラストのくっきりした出演者勢。
お客さんも最初から最後まで居て下さって、楽しんでくれたようで嬉しい。
自分自身の演奏は少し疲れもあって、ミスもあったけれど。
それでも全力でやりきれた。
初めて弾き語りを見に来てくれた古い友人、ちょっと久しぶりの親友。
いつもと少し違う客席の空気も、このイベントの持ち味。感謝。

コニトラッド

ブリティッシュ・フォークのカバーを聴かせるユニット「コニトラッド」。
以前ライブを見てから「いつか出て欲しい」という思いが叶った。
ボーカルのケイコちゃんは、MCでほっこりさせて歌で惹きつける。最高にキュート。
ギターのコニルさんは卓越したプレイで歌を支え、時折曲の説明など交える。
あと2回のライブで活動休止とは非常に残念。

西成の神様

大阪のソロミュージシャンの筆頭とも言える、有名なシンガー。
年間のライブの本数、主催イベントの質、なにより人柄が素敵。
ガンの摘出手術後10日目で全開で歌いあげる声量。心に響き渡った。
「ライブは飲み会」と言い放ち、ステージと客席の距離を近くに置くスタイル。
客席に居た妹もすっかりファンになったもよう(笑)

最後は恒例のポーズで。

2017-06-24

KANDY

~SET LIST~

deeper haze
ターコイズマン
先へ
ash wind
waiting tomorrow
standing on mirage
No way,Yes way

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
金曜日はKANDYでの「S-POP」。今回は24回目で2年目終了の節目。
お客さんこそ少なかった(というかお一人だけ)けど、このイベントらしい夜。
聴いていただいた皆さん、出演者のSHOZOさん、KANDYのスタッフさん、主催のツっちーさんに心より感謝。

換えたばかりの弦を切った。3弦ばかり切れる。また夢羽工房さんに見て貰わねば。

2017-06-19

父の日

昨日日曜日は父の日。
一日中仕事だったけれど、帰宅すると嬉しいプレゼントとカードを用意してくれていた。

19日月曜から入院が決まってた爺ちゃんにも孫たちからプレゼント。
嬉しそうに笑う父。
中身はしばらく飲めない大好きな焼酎。
その後夕食に一緒に出掛けて、父の大好きな王将で餃子三昧。
良い父の日になった。

仕事のパートナーであり、尊敬する職人でもある父の肺癌が見つかってからの非日常な毎日の中で、本当に沢山悩んだり落ち込んだり。色んな気付きがあった。
同時に心から寄り添ってくれる親類や、一緒に奮い立とうとしてる家族や、そして何より変わろうとしてる自分自身を知り、思う事は「親孝行がしたい」の一言に尽きるのだ。

先への不安。現状への焦り。過去への苛立ち。
感情を押さえつけることが難しい時、経験から知っている最善策は「向き合う事」。
自分自身のこういう時の爆発力を信じて。
これから闘病に向かう父の背中を見ながら。
夢に出てきた叔父の懐かしい優しい言葉を胸に。
頑張るぜ。親父。

禁煙している父に、タバコをプレゼントしてしまうバカ息子ではあるけれど。
あなたの笑ってる顔を見て元気を貰っているのです。

楽な治療では無いけど、応援してるから頑張っておくれよ。
そしてまたアホほど餃子を食べに行こうぜ。

2017-06-18

中納良恵「WEEKEND PINEBROOKLYN No.4」

妻の大ファン「中納良恵」のライブへ久々に夫婦で。
少し早い時間に出たので整理券は4番5番(笑)
最前列を陣取ってのんびりビール。

2~3メートル先に居るスター。
あんなにはしゃぐ妻を見るのも久しぶりだったなぁ。

圧倒的に大好きな歌声。茶目っ気のあるMC。
ピアノを弾きながらルーパーも用いて、プロのステージをじっくりたっぷり楽しんだ。

帰りにこれまた久々に二人で焼き鳥。
珍しくお酒を飲む妻。
注文を間違える店員。
味付けを忘れる店長。
地元の中では大好きな店で(チェーン店だけど)、のんびりトドメのビールを。いい夜。感謝。

2017-06-15

Brothers and Sisters

~SET LIST~

No way,Yes way
ash wind
ever yours
standing on mirage
shabby marble
waiting tomorrow

・・・・・
平日ブラシスでナオさんとのツーマン。神戸のみならず大阪からも大勢のお客さんが来てくれ賑やかな夜になった。
お越しいただいた皆さん、ナオさん、親友、ブラシスのマービーさん&オギさんに感謝。

最後は親友も参加。飲み過ぎて終電ギリギリだったけど、楽しい夜だったなぁ。

気持ちの切り替えが上手くいかなくて、テンション低いままだったけど、逆手にとってシンミリと(笑)まずまず好評だったので良しとしよう。

非日常。
ぼんやりと続いてる日々。

週明けからの「不安」が自信に変わるのか、絶望に変わるのか。
案ずるより産むが易し。突き進んで「安心」させてあげたいなぁ。


2017-06-11

ストロベリー・ムーン


蚊に刺されながら一人月見。眩しいくらいに光る満月。


これから迎える日々。
変わっていく事。変えていく事。
不安。焦り。諸々の心配。


「大丈夫」と励ましてくれてるような月光。
そんな月のような存在の家族や親類、友人。

自分自身もそうでありたい。

2017-06-08

2017ビューティーコレクション

長男が通う専門学校でのコンテスト「ビューコレ」で優秀賞。
入学してからいきなりコンテスト続き。
この大会はNHKホールで行われ盛大だったもよう。
今のところ全コンテストに参加し、毎回入賞しているらしい。
男子では長男一人の快挙だとか(オヤバカ)。

今週は編み込みの検定、コンテストと続く。
あまり会えなくなってきたけど、頑張ってる長男に刺激を貰ってるなぁ。

情熱の赴くまま突き進め。そしてたまにはゆっくり一緒に話そうぜ。

2017-06-05

運動会


末娘の中学最後の運動会は、爽やかな好天のもと無事開催。
「もう一回やりたい」と言ってたくらい楽しい一日だったらしい(笑)
最高の思い出になったようで親としても嬉しい。

 中学校区の幼稚園児とコラボレーション演目。
中学3年の娘が一番楽しそうにしてたバルーン。
 保育園からずっと片思いの幼馴染みからのリレーバトン。
安物デジカメでグッジョブ、俺。
 久々の全力疾走を見れたのが嬉しかったなぁ。
足は速くないけど。気持ちの入った100mラン。
 ダンス振付を考えた女子チームの挨拶。
カッコ良かったよ。

最後のよさこいソーラン。男子組み体が無くなったので、男女混合で。
過去最高の迫力。思わず涙。ありがとう37期生。

田中家にとっても中学最後の運動会。素敵な思い出になった。
キラキラと輝く子供達の成長っぷりを見ながら、懐かしさがこみあげたり。
残したままの幼さに時折ホッと安心したり。
心からの笑顔に背筋が伸びたり、目が緩んだり。

何より自慢の末娘。ヒカルありがとね。